【新教材】コロナ恐慌を生き抜く『実践プラグマティズム入門』

先日、「アフターコロナは元の景色には戻らない。」というタイトルでブログを書きました。コロナ後は、間違いなく景色が変わることが予測できます。スモールビジネス経営者はそれに柔軟に対応していかねばなりません。

  • 「ソフトバンクグループ」が巨額赤字1.3兆円の発表。
  • 日本を代表する優良企業「ファーストリテイリング」は連結営業利益予想を前年比43.7%減に大幅下方修正。
  • 有事の金は40年ぶりの最高値1g6513円を記録。
  • 世界でのコロナによる死者は11万人越え(2020/4/14)
  • IMFは「1930年大恐慌以来の最悪の景気後退」とし、世界成長マイナス3%と予測発表。

これらはまだ起きている現象の一部。

今後は中小企業やスモールビジネス、個人事業など、大不況の波が押し寄せてくることは間違いありません。

様々な業種業界が影響を受け、世界中の経済がボロボロになるでしょう。

ますますスモールビジネス経営は苦しくなりそうです。

 

そんな中、スモールビジネス経営者が生き残るにはどうしたらいいか?

まず考えるべきことは、「平時」ではなく「戦時(有事)」へとモードチェンジすることです。

今までは平時でした。

平時は時間をかけて「勉強する」「体を鍛える」「訓練する」などをする余裕がありました。

しかし、「有事(戦時)」となると、そうはいきません。

「有事(戦時)」というのは、目の前にモンスターがいるのです。

敵が武器を持って襲ってきているのです。

今そこに「津波」が押し寄せてきているとイメージしてもらってもよいでしょう。

 

そんな中、

「ちょっと武器を準備するので待ってもらえますか?」
「体を鍛えるまでお待ちいただけますか?」
「お財布とかカメラとか鞄に詰め込むので待ってくれますか?」

と言った言い訳は通用しません。

「今すぐ」戦えるようにしなければ、あっさりやられます。

このような危機時に必要になるのが「サバイバル思考」です。

準備は整っていない。
武器も揃っていない。
戦う知恵も持っていない。

でも、今すぐ「生き残る」ために即対応していかねばならないのです。

今の「状態」で乗り切らねばならないのです。

では、どうすれば、今すぐ、サバイバル能力を高められるのでしょうか?

お勧めしたいのが「プラグマティズム」という考え方です。

 

プラグマティズムとは何か?

一言で言えば「実際主義」

誤解を恐れず説明するなら・・・

ああだこうだ知識を詰め込んだり、勉強したり、トレーニングするのではなく、

「実際に役立つ」

ことを最優先にとらえる思考法です。

プラグマティズムを身につけるメリットとしては・・・

1、ゼロからお金持ちになる考え方が身に付く
2、どんな危機時代でもお金が稼げるようになる
3、「何もない」状態から売上を作れるようになる
4、できない社員だらけでも乗り切れるようになる
5、資金調達しなくてもお金を作れるようになる
6、キャッシュフローが良くなる
7、明るく、前向きになれる

8、身のこなしが軽やかになる
9、あらゆることが「許せる」ようになり気分的に楽になる

などがあります。

 

実のところ、作野自身、根っからのプラグマティストです。

プラグマティストだからこそゼロから何もない状態で2001年に23才で独立起業し、金なし、商品なし、人脈なしで様々な危機を乗り越え、今までやってこれました。

例えば、
独立直後の2001年9月11日同時多発テロから、
2006年ライブドアショック、
2007年サブプライムショック、
2008年リーマンショック、
2011年東北大震災、
と様々な危機がありましたが、それらの影響を乗り越え、安定的に成長してきました。

 

昨年はとある上場企業から「4億円で会社を売って欲しい」という打診もありました(お断りさせていただきました)。

ゼロから身一つで、しかも何も能力ない、金ない、経験もない中ではまあまあよくやってこれた方だとは思います。

これもひとえに「プラグマティック」な考え方が根底にあったからこそです。

もしも、仮にまた「ゼロ」「一文無し」になったとしても、全く問題ありません。

余裕で乗り越える自信があります。

なぜ?

「プラグマティック思考」ができるからです。

そんなプラグマティックな思考法をぜひ多くのスモールビジネス経営者に役立ててもらいたい、という一心で、今回プラグマティズムを解説した教材を急遽作成しました。

音声収録で約2時間半。価格は15,000円(税別)です。

プラグマティズム思考は、これから間違いなく到来する「コロナ恐慌」時代にサバイバルできる考え方です。

 

ぶっちゃけたことをいえば「日本」は今、大危機です。

コロナは危機の序章にすぎません。
今後ますます「大危機」が訪れます。

国民一人一人がその「大危機」に目覚めないと、日本は他国に乗っ取られます。

乗っ取られたら、自由はありません。

大変な「監視社会」に置かれます。

大切な家族も失うかもしれません。

そうなって欲しくはない、と私は本気で考えています。

だからこそ、今の日本人に必要なのが「プラグマティズム」です。

弱っている場合ではないのです。
日本人一人一人が力をつけ、危機を乗り越え、富を蓄える必要があります。

そして、手と手を取り合って、協力し、知恵を出し合い、大危機に立ち向かっていかねばなりません。

ぜひ教材で学んだ知恵をご活用いただき、自身や家族の幸福はもちろんこと、社会もより良くしていただければ幸いです。

ともに危機時代を乗り越えていきましょう。

作野裕樹

■商品名:コロナ恐慌を乗り越える!実践プラグマティズム入門
■収録時間:約2時間半
■ファイル形式:MP3
■販売元:(株)創伝社 特定商取引法に基づく表記
■価格:15,000円(税別)
■支払い方法:paypalによるクレジットカード決済
■納品方法:メールにてMP3ファイル納品(入金後7日以内)
■お申し込み方法:ご注文はこちらからどうぞ




タイトルとURLをコピーしました