「夢・ゴール・目的」と「目標」はちがうもの。

コラム

あなたが高い夢・ゴール・目的を実現したいなら、「夢・ゴール・目的」と「目標」とはちがうものだと理解する必要がある。

結論から言うと、「夢・ゴール・目的」は上位概念で、「目標」はその下位概念。

わかりやすくいえば、夢・ゴール・目的が「最終地点」であるのに対し、目標は「中間地点」のようなものである。

例えば、「オリンピックで金メダルを取りたい」という夢・ゴール・目的があるとする。そのための中間地点として、「日本選手権で1位になること」だったり「日本代表に選ばれること」が目標になる。

会社経営であれば、「この会社は●●の商品を通じて世界の人を救う」みたいなのが夢・ゴール・目的だ。そのために、まずは地域ナンバーワン、次に日本ナンバーワン、世界シェア3割を取るみたいなのが目標になってくる。

仏教であれば、「悟りを開くこと」が夢・ゴール・目的かもしれない。もしくは、悟った後に「人類を救う」とか「世界を救う」というのがそれだろう。そのために毎日瞑想をするとか、お経を唱えるといったものが目標になってくる。

ダイエットであれば、「痩せること」「体重を10kg落とすこと」は目標であって、夢・ゴール・目的ではないだろう。そうではなく、痩せた先には「恋人を作ること」「モテること」「キレイになること」「カッコよくなること」があるはずだ。こちらが夢・ゴール・目的にあたる。

 

それと、夢・ゴール・目的は「あいまい」「抽象的」なものであるのに対し、目標は「明確」「具体的」なものであるという違いもある。

コーチングする際は、まず、上位概念の夢・ゴール・目的の設定から入りますが、ここでは具体的なものを選ぶことはしない。

なぜなら、具体的で明確にイメージしやすいものは、「現状の延長」である可能性が高いからだ。

現状の延長であれば、人間が本来持っているポテンシャルエネルギーを対して使わなくても達成できてしまうだろう。ポテンシャルエネルギーは眠ったままだ。発揮されることはほとんどない。

が、現状の延長ではなく、もっとはるかに高いゴールであれば、それは現状のエネルギーでは叶いわない。だから、脳がポテンシャルエネルギーをムクムクっと発揮しようとし始める。

だから、夢・ゴール・目的の設定は、必然、あいまいで抽象的なもので正解。

しかしながら、それだとずっとボンヤリしたままになってしまうので、中間地点として「目標」が必要だ。この目標設定はリアルかつ具体的なものになる。

 

ところで、よく自己啓発本で、「夢は明確にしましょう」というものがあるが、ここまで説明してきた理論からすれば誤りだ。

なぜなら、最初から明確にイメージできるものは現状の延長であり、ポテンシャルエネルギーを引き出すことができないからである。

例えば、「課長から部長に出世する」とか「年収を100万円アップする」というのは、現状の延長だからイメージしやすいだろう。でも、イメージできるということは、容易なことであり、ポテンシャルエネルギーを使わなくてもいずれ達成できてしまう。

 

おそらく、教え手は、最初は「夢・ゴール・目的」の設定をした時点では、「あいまい」「抽象的」だった可能性が高い。ところが、情報収集したり、イメージングなどしているうちに、だんだんとリアリティが増してきて、明確になってきたのだと思う。

だから、「夢を明確にしましょう」というのは100%間違いというわけではない。この場合、夢を「目標」と置き換えると辻褄が合う。

設定時点で「夢・ゴール・目的」はあいまいかつ抽象的なもの。しかし、それだと叶いませんから、情報収集したり、イメージングしたり、アファメーションするなどして、徐々に「明確なもの」=「目標」にしていくというのが正しい願望実現の流れである。

 

例えば、2011年に女子サッカーなでしこジャパンが世界大会で優勝した。その時の中心選手として有名な澤穂希選手は、著書『夢をかなえる。思いを実現させるための64のアプローチ(澤穂希著書・徳間書店)2011』でこう語っている。

「その夢(※女子ワールドカップ優勝)は、かつては雲の上のように、高く、遠い場所にあるように感じられました。そんな雲の上へと一気に飛び乗ることは、自分にもできないことは分かっていました。」

(引用元『夢をかなえる。思いを実現させるための64のアプローチ(澤穂希著書・徳間書店)2011』)

要するに、ゴール設定した時点では、あまり明確ではなかったのだ。ところが、イメージ、想像、そして、練習や努力をしていくうちに、だんだんと臨場感たっぷりになってきたのである。結果として、本当にワールドカップで優勝してしまった。

ちなみに、夢が叶った瞬間のことを澤穂希さんは著書でこう語っている。

「なでしこジャパンが初めて世界を制したその瞬間、私は、デジャヴ(既視感)にも似た不思議な感覚に包まれていました。」

(引用元『夢をかなえる。思いを実現させるための64のアプローチ(澤穂希著書・徳間書店)2011』)

これはイメージングの大変参考にもなる。夢か現実かわからないぐらいまで徹底的にイメージングするわけだ。そうすると、夢が現実化しやすくなる。

 

ということで、世間一般では、「夢・ゴール・目的」と「目標」がごっちゃになっており、定義があいまいだが、それぞれ違うものだと理解しておこう。両方とも大事で、しっかりと使い分けることが重要だ。

執筆者プロフィール
さくのひろき
㈱創伝社 代表取締役
㈱レジェンドプロデュース 代表取締役
イーカスタマーサポート㈱ 取締役
 2001年に独立し、2003年より「使いたい放題無制限のステップメール『アスメル』」の事業を開始。現在も運営中。
 最近は後輩起業家たちの成長支援にも注力。
 将棋が好きで日本将棋連盟公認『将棋ウォーズ』は初段。他、ピアノ、プロ野球などが趣味。
※経営顧問制度、取材、書籍執筆、講演依頼などのお問い合わせはフォームからお願いします。なお、コーチング依頼の際は、必ず氏名・年齢・住所・TEL・履歴の入った自己紹介と志望動機を書いて、「件名」を 「コーチング問い合わせ」として、お問い合わせください。
コラム メンタル・自己啓発 夢・ゴール・目的の見つけ方 安心領域の抜け方 目標達成・願望実現法
soudenshaをフォローする
バランスの取れた成功をあなたに。創伝社。

コメント

タイトルとURLをコピーしました