『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層』感想。

お金のこと

清武英利著書『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層(講談社)』を読んだ。

本書はシンガポールと日本を舞台に、プライベートバンカーや富裕層が躍動するストーリーである。

フィクションかと思いきや実名ありのノンフィクション。

日本からシンガポールへ移住した富裕層の裏事情、金融業界のタブー、成功者の真実など、あますとこなく暴露している痛快な話である。

よくもまあここまで内実を書けたなあと驚きを隠せない。

 

本書は富裕層の「臨場感」を強烈に味わうことができる。

超がつく富裕層がどのようにお金を守っているのか?

このリアリティはなかなかイメージしづらい。だからこそ、本書のような小説や映画の存在は重宝する。

特に大変興味深かったのは、「税金を逃れてきた日本人で幸せになったという話は、あまり聞かないことだ。(P136より引用)」の箇所だ。

かなり的を射た文に思う。

自由を得るためにお金を手にしたのに、結局、お金に翻弄されてしまうのはなんとも皮肉な話だ。

追伸:その後、2018年に文庫版が登場した。こちらの方が安いし、対談も載っているのでお得。

 

【運営元】
株式会社 創伝社
〒102-0084東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
コラム執筆者:代表取締役 作野裕樹
※経営顧問制度、取材、書籍執筆、講演依頼などのお問い合わせはフォームからお願いします。なお、コーチング依頼の際は、必ず氏名・年齢・住所・TEL・履歴の入った自己紹介と志望動機を書いて、「件名」を 「コーチング問い合わせ」として、お問い合わせください。
お金のこと 小説・映画から「お金」を学ぶ コラム
soudenshaをフォローする
株式会社創伝社 コンテンツ館

コメント

タイトルとURLをコピーしました