資本主義を攻略するのにエネルギー問題は避けて通れない。『太陽は動かない(吉田修一著・幻冬舎文庫)』

お金のこと

小説『太陽は動かない(吉田修一著・幻冬舎文庫)』を読んだ。

内容は一言で言えば、産業スパイもの。

資本主義を攻略するには「エネルギー問題」の知識は避けては通れない。

本書を読めばエネルギーに関する知識にゾクゾク楽しみながら触れることができる。また、日中政府間や企業間で起きているセンシティブな舞台裏を垣間見ることができるのも面白い。

2021年3月には映画化されるようで、こちらも楽しみだ。

【運営元】
株式会社 創伝社
〒102-0084東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
コラム執筆者:代表取締役 作野裕樹
※経営顧問制度、取材、書籍執筆、講演依頼などのお問い合わせはフォームからお願いします。なお、コーチング依頼の際は、必ず氏名・年齢・住所・TEL・履歴の入った自己紹介と志望動機を書いて、「件名」を 「コーチング問い合わせ」として、お問い合わせください。
お金のこと 小説・映画から「お金」を学ぶ コラム
soudenshaをフォローする
株式会社創伝社 コンテンツ館

コメント

タイトルとURLをコピーしました