なぜ、『竜の道(白川道著・幻冬舎文庫)』を読むと「お金の実力」が上がるのか?

お金のこと

いやーとても面白かった。

こちら『竜の道(白川道著・幻冬舎文庫)』の上下巻。

ストーリーの面白さもさることながら、「お金の実力」が大きくアップする2冊だ。

なぜ?

1つ目の理由は、作者が元々、「金融界」で良くも悪くも名をはせた人物であるから。

著者の白川道氏は、自ら投資顧問会社を起業して億単位の金を扱うようになったり、インサイダー取引やマネロンもやったりして逮捕された経験を持つ。なんとその服役中に小説家を目指して49歳でデビューしたそうだ。

だからこそ、出てくる話が、いちいちリアルで細かい。真実味がある。

読みながら、金融知識も身につくし、起業家として事業をどう広げるか?のヒントにもつながるだろう。

それを、物語から「無意識」的にアプローチしてくれるからいい。

 

2つ目の理由は、物語に出てくる取引金額がバカでかいこと。

億単位の話が、あっさりと出てくる。

読んでいるうちに、「ああ、お金なんてそんなものか」と錯覚する(笑)。

お金の器が広がれば、少々の意思決定で、ビビったり、恐怖などで、感情による誤った判断を避けやすくなるだろう。

そういった点で本書は優れている。

 

ただし、注意点もある。

それは、主人公がトコトン悪辣すぎること。ここは決して真似せぬように(笑)。笑い事ではすまない。

おい!そんな簡単に人を殺すなよ!と突っ込みたくなるが、その点は物語なので仕方ない。

それはさておき、ストーリーも面白く、金融内容にリアリティがあり、額もでかくて自然とお金の器を広げてくれる点、オススメだ。

 

ちなみに、残念ながら、著者の白川道氏は2015年に急逝してしまった。なので、続編を読むことができないのが惜しい。惜しすぎる。

 

【運営元】
株式会社 創伝社
〒102-0084東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
コラム執筆者:代表取締役 作野裕樹
※経営顧問制度、取材、書籍執筆、講演依頼などのお問い合わせはフォームからお願いします。なお、コーチング依頼の際は、必ず氏名・年齢・住所・TEL・履歴の入った自己紹介と志望動機を書いて、「件名」を 「コーチング問い合わせ」として、お問い合わせください。
お金のこと 小説・映画から「お金」を学ぶ コラム
soudenshaをフォローする
株式会社創伝社 コンテンツ館

コメント

タイトルとURLをコピーしました