感情移入する。

自己啓発

ゴールはどうしたら実現するのでしょうか?

一つコツをお教えしましょう。

それは「感情移入」です。

ゴールを達成した時の「感情」を思い浮かべ、徹底的に味わうのです。脳内からドバドバとセロトニンやドーパミンが出ている感覚を堪能します。

例えば、大会で優勝するというゴールを設定したら、そのゴールを達成した時に「どのような感情を味わうか?」を想像するのです。

株式上場したいというゴールを設定したら、上場して、記念テープを切った時に「どのような感情を感じるか?」をイメージするのです。

また、「感情移入」は、ゴールに向かう途中の「練習」や「小さな目標達成」にも有効です。

ここに大変お勧めの良書があります。

「他者の演技やプレー、作品を見るときに、なるべくその他者に感情移入する練習は有効である。」

(『上達の法則 効率のよい努力を科学する (岡本浩一著・PHP新書)』より引用)

何か上達しようと思ったら、お手本となる人をモデリングするのは効果的です。

その際、「感情移入」がポイントです。

例えば、ピアノの曲の練習をしている時、その作曲者や演奏者に「感情移入」したりします。武術の練習でも、その技を使っている武術家に感情移入するのです。

そうすると、練習が効果的になり、上達が速くなります。

ただ単にゴールイメージするだけや、練習しても片手落ち。

必ず「感情」までも味わっていきましょう。

 

でも、こういうと「感情移入がなかなかできない」という方もいます。

先日もコーチングしている際にクライアントから同様にご相談をいただきました。

その場合、おすすめは、漫画、アニメ、映画、小説などを観て「感情移入している」感覚を味わうことです。

良い作品と評価されるものは、やはり、「感情を持っていく」技術が相当優れています。

そういった優れた作品にたくさん触れ、素直に「感情を持ってかれる」経験を積むことです。ドーパミンやセロトニンが自然と出てくる感覚を味わいます。

その感覚をゴール達成や練習などに活かしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました