経営・投資に活かす「孫子の兵法」入門講座

講座/セミナー

「孫子の兵法」は、2,500年の時を越え、時代のリーダー達に読み継がれてきた世界最高の兵法書です。ナポレオン、織田信長、武田信玄などの歴史上の偉人から、現代ではソフトバンクの孫正義社長、マイクロソフトのビルゲイツ会長などが愛読しています。

なぜ、スモールビジネス経営において「孫子の兵法」が重要なのでしょうか?

大きな理由は「孫子の兵法」で説かれている理論が「普遍性」を持っているからです。情報化社会の昨今、さまざまな情報やノウハウがネットを中心に飛び交っています。「●●戦略」「●●理論」など。次から次へと目まぐるしく変化しています。

しかしながら、それらを実際に取り入れるのは容易ではありません。舵取り一つで会社の明暗を分けるため、間違った決断はリーダーとして命取り。新しい戦略や理論が果たして合っているか?間違っているか?は時が経ってみなければわからないので、本気で取り入れるのはかなり難しいのです。

かといって、世の中が変化している中、何も手を打たないことは「死」を意味します。歴史上、安定に甘んじた国家は次々と破綻しています。それは会社や企業も同様です。

では、いったいどうすればいいのでしょうか?

その指針となりうるのがまさに「孫子の兵法」なのです。このような乱世を2500年以上も乗り越えてきた名著だからです。決断一つで生死を分ける厳しい世の中で「孫子の兵法」はリーダーたちに羅針盤のごとく道筋を常に示し続けてきました。

「孫子の兵法」の主な特徴は「戦わないこと」です。戦いはお互いを疲弊させてしまう最悪の事態。これを避けつつ、「持続的な平和をもたらすこと」を実現させるための知恵が説かれているのです。

起業家も同様です。経営でいう戦いとは「営業」や「宣伝広告」「キャンペーン」のようなもの。これらをずっとやり続けるのは大変です。

そうではなく、戦わなくても、長期「繁栄」してく会社を作ることが良い起業家です。そのためには「孫子の兵法」の智慧は重要になってきます。先の読めない乱世の時代に確固たる商売を持続していくための戦略書として、是非この機会に「孫子の兵法」を共にしっかり学んでいきましょう。

(本講座は「入門」の位置付けのため、初学者でもわかりやすく学べるような内容になっています。)

講座の進め方は、主に読書会形式です。事前に課題図書を読み、当日は各々、自らの考えや意見を発言する形で智慧を深めていきます。参加者それぞれの自由闊達な意見を聞くことで、お互いの創造性が高まっていくのも特徴の1つです。

※本講座の特徴は「実業家」として「孫子の兵法」を実践できるようになることを主眼に置いている点です。

講座名:「孫子の兵法」入門
日程:2022/4/4(月), 5/2(月), 6/6(月),7/4(月),8/8(月),9/5(月)
※こちらの日程は仮です。変更する場合は事前にお知らせします。
時間:19:00〜 終了後懇親会予定
場所:赤坂および渋谷予定(詳細は入金後お知らせします)
料金:全6回合計33,000円(税込)(1回あたり5,000円)
人数:最大10名程度 ※満席
注意事項:・『孫子の兵法(浅野裕一・講談社学術文庫)』を必ずお持ちください。(事前に読む必要はありません)
・他、課題図書が出ることがあります。
・入金後のキャンセルによる返金は致しておりません。
主催:株式会社創伝社
申し込み方法:下記からお申し込みください。

お申し込みはこちら

※現在、満席のため、
キャンセル待ちとなります。

記事執筆者
作野裕樹

(株)創伝社、代表取締役。1978年、愛知県生まれ。2001年にITビジネスで独立起業、2003年に法人設立。自社ブランドサービスを開発、運営。同経営は『経済界』『実業界』などに取材され掲載。書籍『学校では教えてくれない起業の授業(アスカ出版)』などを出版。
現在、自身の起業、経営経験と東洋思想の知見を活かした経営コンサルティング事業も展開。起業家や経営者のための「教養」を学ぶ場「創伝塾」を2010年から主宰中。
趣味は古武術(古流柔術)、ピアノ演奏など。

作野裕樹をフォローする
【運営元】
株式会社 創伝社
〒102-0084東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
コラム執筆者:代表取締役 作野裕樹
※コーチング、取材、書籍執筆、講演依頼などのお問い合わせはフォームからお願いします。なお、コーチング依頼の際は、必ず氏名・年齢・住所・TEL・履歴の入った自己紹介と志望動機を書いて、「件名」を 「コーチング問い合わせ」として、お問い合わせください。
講座/セミナー News
作野裕樹をフォローする
創伝社 公式ウェブサイト
タイトルとURLをコピーしました