新規事業が失敗する理由は準備不足。(言志四録)

コラム

「事を慮る(おもんぱかる)は周詳ならんことを欲し、事を処するは易簡ならんことを欲す。」

これは佐藤一斎『言志四録』の言志録第二十六条に書かれた言葉。

現代語訳にすると以下の通り。

「物事を考える場合は周到で詳細な準備が必要である。そして、実行する際には用意で簡単にできるようにする。」

要するに、何かを成功させるには、周到な準備が必要だという事。それを怠るから失敗するのだと。

さらに、ここは訳す人によって見解が分かれるのだが、私はこう訳した。

計画や準備は「簡単にできるぐらいまで」周到にやれということだと。

他の方は「実行したら一気に簡単にやれ」と訳す人がいらっしゃったが、私はそう受け取らなかった。

経営とは実行。必ず実行部隊が必要である。わかりやすくいえば従業員だ。せっかく経営陣が「ああだこうだ」と計画を立てても、難しすぎて実行できなければ意味がない。

そうではなく、佐藤一斎は「実行する際に簡単にできるようにせよ」と言ってるのだと私はとらえた。

実際、会社経営をしていると、だいたい経営者や社長は「これだ!」「素晴らしい!」といったアイデアがポンポン湧いてくる。が、それを部下や従業員に話しても、そのほとんどが良い反応がない。

だいたい社長になる人はワンマンや自我が強い人が多いので、そういう時は「いいからやれ!」と言ってしまう。

が、結果は惨憺たるもの。先延ばしされたり、実行されなかったり。実行されたとしても、思ったものと違う結果になることが大半だ。

例えば、私事で恐縮だが、昔、あるウェブサイトの買収を行った。しかしながら、たいした準備や情報収集もせずに買ったため、買収後は大変な苦労を強いられた。買収後に隠れた「債務」が見つかったりした。

顧客ニーズに合わず、予定していたより収益も伸びなかった。結果として、そのウェブサイトは「除却」して清算することになった。もう少し周到に競合調査や顧客のニーズ調査、マーケティング計画を立てればよかったと反省している。

ではどうすればよかったのか?

佐藤一斎の言葉によると「念入り」に準備し、かつ、簡単に実行できるぐらいまでにすることである。この言葉は常に戒めとして心に止めておきたい。

記事執筆者
作野裕樹

(株)創伝社、代表取締役。1978年、愛知県生まれ。2001年にITビジネスで独立起業、2003年に法人設立。自社ブランドサービスを開発、運営。同経営は『経済界』『実業界』などに取材され掲載。書籍『学校では教えてくれない起業の授業(アスカ出版)』などを出版。
現在、自身の起業、経営経験と東洋思想の知見を活かした経営コンサルティング事業も展開。起業家や経営者のための「教養」を学ぶ場「創伝塾」を2010年から主宰中。
趣味は古武術(古流柔術)、ピアノ演奏など。

作野裕樹をフォローする
【運営元】
株式会社 創伝社
〒102-0084東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
コラム執筆者:代表取締役 作野裕樹
※コーチング、取材、書籍執筆、講演依頼などのお問い合わせはフォームからお願いします。なお、コーチング依頼の際は、必ず氏名・年齢・住所・TEL・履歴の入った自己紹介と志望動機を書いて、「件名」を 「コーチング問い合わせ」として、お問い合わせください。
コラム
作野裕樹をフォローする
創伝社 公式ウェブサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました