志なき経営は恐ろしい。(佐藤一斎『言志四録』耋14)

コラム

「およそ学を為すの初は、必ず大人(たいじん)たらんと欲するの志を立て、しかる後に、書は読むべきなり、しからずして、いたずらに聞見を貪るのみならば、則ち或いは恐る、傲りを長じ非を飾らんことを。

いわゆる『寇(こう)に兵を仮し、盗に糧を資するなり。』うれうべし。」

これは佐藤一斎『言志四録』の言志耋録第一四条に書かれた言葉である。

意訳すると、学ぶ際には立派な人間になるという志がないとマズイ。ただやみくもに学習するのは傲慢になったり、悪いことを隠すような人間になる恐れがある。これは例えるなら、盗人や外敵に武器や食料を与えるようなものであるといこと。

これを経営に当てはめてみると、経営する際に立派な経営者になろうという志がないとマズイということ。

ただやみくもに金儲けだけを目的に経営をすると、お金持ちになった時に傲慢になってしまったり、儲けが出てない時には隠ぺいしようとしたりする恐れがある。

現代は情報化社会でMBAなどの高度な経営ノウハウが誰でも手に入る。ただ単に経営ノウハウだけをつまみ食いし、お金儲けだけを目的にすると、確かに一時的には儲かるかもしれない。

が、志がないと人間的成長がついてこないため、痛い目を見てしまう。例えば、粉飾、脱税、スキャンダル、詐欺など。最悪のケースでは投獄されてしまうことも。

もちろん、経営者たるものお金儲けは大事だ。言うまでもない。しかし、それだけでなく、佐藤一斎の言うように、世の中を良くしていく等、立派な経営者になるという志も持っておくと、途中で道をそらさずに済む。

記事執筆者
作野裕樹

(株)創伝社、代表取締役。1978年、愛知県生まれ。2001年にITビジネスで独立起業、2003年に法人設立。自社ブランドサービスを開発、運営。同経営は『経済界』『実業界』などに取材され掲載。書籍『学校では教えてくれない起業の授業(アスカ出版)』などを出版。
現在、自身の起業、経営経験と東洋思想の知見を活かした経営コンサルティング事業も展開。起業家や経営者のための「教養」を学ぶ場「創伝塾」を2010年から主宰中。
趣味は古武術(古流柔術)、ピアノ演奏など。

作野裕樹をフォローする
【運営元】
株式会社 創伝社
〒102-0084東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
コラム執筆者:代表取締役 作野裕樹
※コーチング、取材、書籍執筆、講演依頼などのお問い合わせはフォームからお願いします。なお、コーチング依頼の際は、必ず氏名・年齢・住所・TEL・履歴の入った自己紹介と志望動機を書いて、「件名」を 「コーチング問い合わせ」として、お問い合わせください。
コラム
作野裕樹をフォローする
創伝社 公式ウェブサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました