好景気は思い切った勤倹貯蓄。不景気には思い切った投資。(本多静六語録)

アセットマネジメント・資産形成

先日から本多静六氏を取り上げています。なぜか?というと、不景気やデフレ期に特に本多静六氏の名言が心に刺さるからです。

米中貿易戦争の雲行きが怪しい。2018年10月の日経平均も約3,000円下げました。大きな景気変動が来ていることが読み取れるのです。

そのような時はマインドの転換が肝要になってきます。そこで刺さるのが本多静六氏の言葉です。

今日ご紹介したいのは以下の名言。

「好景気、楽観時代は思い切った勤倹貯蓄(すなわち金を重しとする)」
「不景気、悲観時代には思い切った投資(すなわち物を重しとする)」

です。

2013年から始まった円安アベノミクスは株価だけを見れば好景気と言えます。しかし、すでに円安政策も青色吐息。株価もなんとかGPIFなど政府が支えるのがやっと。個人投資家はほとんど買えていません。

2020年の東京オリンピック需要もそろそろ頭打ち。不動産市況も「かぼちゃの馬車」問題など、不正でもしなければ業績を上げられない始末です。

となると、準備しておくのはこれから本格的になりそうな不景気対策でしょう。もちろんまだわかりません。今日の米国中間選挙次第でまだまだ上がっていくのかもしれません。

だが、準備しておくにこしたことはないでしょう。

そして、本多静六氏の名言によれば、不景気時代には「物を重しとする」とあります。要するに、みんなが悲観的になっている時こそ投資には最適の時期だということです。

そのためには、好景気で貯めておいた金が必要となります。要するに日本でいえば「円」という現金です。

今は円を蓄えておく時期なのかもしれません。

私の財産告白(本多静六著書・実業之日本社)』

執筆者プロフィール
作野裕樹(さくのひろき)
(株)創伝社代表取締役。スモールビジネスコンサルタント。元祖ステップメールのアスメル®︎開発運営。2001年より独立起業。
主な著書に『学校では教えてくれない起業の授業(アスカ出版)』『宇宙イチわかりやすい「ネット起業」の鉄則(ソフトバンククリエイティブ)』などがある。
過去に取材されたメディアは『実業界』『経済界』『WDウェブデザイニング』など。『近代中小企業』などでコラム執筆経験もある。 米マサチューセッツ大学、経営大学院(MBA)中退(2017-2020)。愛知大学法学部卒業(2001)。
アセットマネジメント・資産形成 コラム
soudenshaをフォローする
スモールビジネス経営サポート創伝社

コメント

タイトルとURLをコピーしました