若くしてのセミリタイヤが幸福とは限らない。(佐藤一斎『言志四録』耋137)

コラム

「世を避けて而(しこう)して世におるは、難きに似て易く、世におりて而して世を避くるは、易きに似て難し。」

これは佐藤一斎『言志四録』の言志耋録第一三七条に書かれた言葉です。

意訳すると、世の中や社会を避けて隠居などしてみると、幸福でいるのは易しそうに見えて難しいということ。

逆に、ビジネスや仕事の中にいると、幸福でいるのは難しそうに見えて易しいということです。

最近、若者の中で「働きたくない」とか「若くしてセミリタイヤしたい」などと言う若者が増えてきました。

おそらく、仕事や会社が辛いのかもしれません。ところが、佐藤一斎に言わせると、世間から離れる、セミリタイヤするというのは、幸福そうに見えて、実は幸福を得るのは大変ですよと言っているのです。

なぜか?思うに人生の幸福の一つは「向上」や「貢献」にあるからです。人間はどういう時に幸福を感じるかというと、「向上している」「成長している」「上達している」と思った時がその一つです。

たとえば、逆上がりができない人ができるようになった時、掛け算九九を覚えてソラで言えるようになった時など、できないことができるようになると人間は幸福を感じます。

ビジネスをしていると、このできないことができるようになるといった「向上」「成長」「上達」を実感しやすいのです。

だから、大変なこともあるかもしれませんが、実は幸福は得やすいともいえます。しかも、その幸福は持続しやすいのです。

ところが、セミリタイヤなどして隠居してしまうと、この「向上」などを味わうことが途端に難しくなります。一見、幸せそうに見えるが、これはかえって不幸です。

人生を振り返ってみると大変だった時ほど「あの時はよかった」とか「あれをキッカケに人生はよくなった」と思えることが多いものです。

また、人生で幸福を味わうことの一つに「他者への貢献」があります。ビジネスや仕事を通じて他者の役に立つことは幸福を得やすいですが、セミリタイヤして働かないでいると他者への貢献機会が少なくなってしまいます。結果として、幸福を味わいにくくなってしまうわけです。

人生の幸福の観点からとらえるなら働くことを止め、セミリタイヤすることはあまりオススメできません。

 

記事執筆者
作野裕樹

(株)創伝社、代表取締役。1978年、愛知県生まれ。2001年にITビジネスで独立起業、2003年に法人設立。自社ブランドサービスを開発、運営。同経営は『経済界』『実業界』などに取材され掲載。書籍『学校では教えてくれない起業の授業(アスカ出版)』などを出版。
現在、自身の起業、経営経験と東洋思想の知見を活かした経営コンサルティング事業も展開。起業家や経営者のための「教養」を学ぶ場「創伝塾」を2010年から主宰中。
趣味は古武術(古流柔術)、ピアノ演奏など。

作野裕樹をフォローする
【運営元】
株式会社 創伝社
〒102-0084東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
コラム執筆者:代表取締役 作野裕樹
※コーチング、取材、書籍執筆、講演依頼などのお問い合わせはフォームからお願いします。なお、コーチング依頼の際は、必ず氏名・年齢・住所・TEL・履歴の入った自己紹介と志望動機を書いて、「件名」を 「コーチング問い合わせ」として、お問い合わせください。
コラム
作野裕樹をフォローする
創伝社 公式ウェブサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました