尺蠖(せきかく)の屈するは、以って信(の)びんことを求むるなり。(易経)

コラム

尺蠖(せきかく)の屈するは、以って信(の)びんことを求むるなり。

これは「易経」に書かれている言葉である。

意訳すると「尺取虫が体を屈折するのは、伸びるためである」ということ。

尺取虫が身を縮めるのは一見すると苦しそうに見える。

が、それは、伸びて前進するための前段階である。

これは経営や人生でも同じ。

逆境やピンチなどは、伸びて前進するための前段階である。

例えば、今でこそ多くの人が手にしているスマートフォン。特に人気があるのがアップ社のiPhone。携帯電話にイノベーションを起こしたことで有名なのは故スティーブ・ジョブズである。

今でこそカリスマ的偉業を果たしたとされるスティーブ・ジョブズだが、実は「自分で起こした会社を追い出される」という危機があった。

しかし、アップル社を追い出されたジョブズは、めげることなく次のチャンスに目を向けた。具体的にはピクサー社のCEOに就くなど別活動で経験を積んだ。ちなみにピクサー社では映画『トイ・ストーリー』などの名作を生んだ。

これら別会社で培った経験を元にアップル社CEOに再び返り咲いた。そして、これらの経験が功を奏し、iPodやiPhoneなどの名作が生まれたのだ。

つまり、アップル社を追い出されるという「ピンチ」がなければ、その後の「チャンス」にはつながらなかったということである。

だから、何らかピンチや苦しいことがあっても、それは「伸びる前の屈折運動だ」と考えよう。

また、考え方によっては、屈折=ピンチがなければ人や会社も成長しないとも考えられる。

この言葉を思い出すと、逆境があっても前向きに捉えられるだろう。

記事執筆者
作野裕樹

(株)創伝社、代表取締役。1978年、愛知県生まれ。2001年にITビジネスで独立起業、2003年に法人設立。自社ブランドサービスを開発、運営。同経営は『経済界』『実業界』などに取材され掲載。書籍『学校では教えてくれない起業の授業(アスカ出版)』などを出版。
現在、自身の起業、経営経験と東洋思想の知見を活かした経営コンサルティング事業も展開。起業家や経営者のための「教養」を学ぶ場「創伝塾」を2010年から主宰中。
趣味は古武術(古流柔術)、ピアノ演奏など。

作野裕樹をフォローする
【運営元】
株式会社 創伝社
〒102-0084東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
コラム執筆者:代表取締役 作野裕樹
※コーチング、取材、書籍執筆、講演依頼などのお問い合わせはフォームからお願いします。なお、コーチング依頼の際は、必ず氏名・年齢・住所・TEL・履歴の入った自己紹介と志望動機を書いて、「件名」を 「コーチング問い合わせ」として、お問い合わせください。
コラム
作野裕樹をフォローする
創伝社 公式ウェブサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました