ビジネスチャンス・商品戦略

コラム

資本主義は創造的破壊で成り立っている。

この記事を表示する権限がありません。 会員の方は下記からログインをお願いします。
コラム

保護中: 「安請合い」を止めると売上が上がる。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード
アセットマネジメント・資産形成

「時節を待つ」ことが勝利の秘訣。

今日もまた本多静六氏の『私の財産告白(実業之日本社)』の言葉からピックアップ。 (→本多静六とは?知らない方はこちらをご覧ください。) 「何事にも「時節を待つ」ということだ。焦らず、怠らず、時の来るを待つということだ。投...
コラム

宝は「今」にある。(佐藤一斎『言志四録』晩175)

「何か新しい儲かるネタってないですかね?」 このような相談を受けることがよくある。 が、こういう人はうまくいかない。なぜか?理由は儲けのヒントは常に「今」にあるからだ。 「今ある宝」に気づくことができない人が新規事業などに...
コラム

社長の心が自発的に踊る商品を扱うこと。

「学を為すには、人のこれを強うるをまたず。必ずや心に感興する所あってこれを為し、躬に持循する所あってこれを執り、心に和楽する所あってこれを成す。」 これは佐藤一斎『言志四録』の一つである『言志耊録』第三十七条に書かれた言葉である。現代語訳...
コラム

「恥」から成功は始まる。(佐藤一斎『言志四録』録7)

「立志の功は、恥を知るを以って要と為す。」 これは佐藤一斎『言志四録』の言志録第七条に書かれた言葉である。 訳文は以下の通り。 「志を立てて実績をあげるには、恥を知ることが肝要である。」 (訳文は講談社学術文庫の川上正光...
コラム

儲けたければ「一業」に絞る。(佐藤一斎『言志四録』言志録219)

「一物を多くすればここに一事を多くし、一事を多くすればここに一塁(いちるい)を多くす。」 これは佐藤一斎『言志四録』の言志録第二一九条に書かれた言葉である。 現代語訳にすると以下の通り。 「物が一つ増えると、やることが一つ増え...
タイトルとURLをコピーしました