小説・映画から「お金」を学ぶ

こちらのブログでは自営業者の「資産形成」に役立つ「小説」や「映画」をご紹介しています。

会員限定記事

映画『TENETテネット』から「未来」から「来る」感覚を身につける。

この記事を表示する権限がありません。 会員の方は下記からログインをお願いします。
お金のこと

「陰」極まれば「陽」に転ずる。

この記事を表示する権限がありません。 会員の方は下記からログインをお願いします。
お金のこと

なぜ、『竜の道(白川道著・幻冬舎文庫)』を読むと「お金の実力」が上がるのか?

いやーとても面白かった。 こちら『竜の道(白川道著・幻冬舎文庫)』の上下巻。 ストーリーの面白さもさることながら、「お金の実力」が大きくアップする2冊だ。 なぜ? 1つ目の理由は、作者が元々、「金...
小説・映画から「お金」を学ぶ

組織の失敗の本質はすぐそこにある。映画『七つの会議』鑑賞。

映画『七つの会議』鑑賞。 賛否両論あるが、いずれにせよ面白く、組織マネジメントの学びが多々あるので、会社経営者の方にはぜひ観ていただきたい作品。 隠ぺい。 「そんなものはうちの会社にはない」 これがいかに思い違いか、...
お金のこと

不動産取引の防衛知識として『地面師』の手口を知っておこう。小説『地面師たち(新庄耕著・集英社)』

『地面師たち(新庄耕著・集英社)』を読んだ。 一言で言えば、「地面師」たちの組織犯罪手口をリアルに描写した小説。 不動産投資は富の拡大および防衛に欠かせない方法の1つ。 しかし、気を付けなければ、年を取った時にこう...
お金のこと

資本主義を攻略するのにエネルギー問題は避けて通れない。『太陽は動かない(吉田修一著・幻冬舎文庫)』

小説『太陽は動かない(吉田修一著・幻冬舎文庫)』を読んだ。 内容は一言で言えば、産業スパイもの。 資本主義を攻略するには「エネルギー問題」の知識は避けては通れない。 本書を読めばエネルギーに関する知識にゾクゾク楽し...
お金のこと

金融、経済に強くなる小説。『波の上の魔術師』。

『波のうえの魔術師 (石田衣良著・文春文庫)』 楽しみながら、金融・投資力が身につく小説。 コンパクトにまとまっているので読みやすいメリットもある。 簡単に内容を要約すると、うだつの上がらない大学生青年が、あるトレ...
会員限定記事

手段が目的化してないか?

この記事を表示する権限がありません。 会員の方は下記からログインをお願いします。
お金のこと

「金融・銀行業界」の未来を読み解く書籍たち。(2019年版)

2019年に読んだ「金融」「銀行」業界に関する書評記事を一つにまとめました。資本主義を攻略するには金融や銀行業を理解する必要があります。当記事が金融や銀行業界をより理解するためのお役に立てば幸いです。 6位:『銀行はこれからどうなるのか(...
お金のこと

信用創造のカラクリを体感する名作の紹介。映画『紙の月』。

この記事を表示する権限がありません。 会員の方は下記からログインをお願いします。
タイトルとURLをコピーしました