小説

お金のこと

不動産取引の防衛知識として『地面師』の手口を知っておこう。小説『地面師たち(新庄耕著・集英社)』

『地面師たち(新庄耕著・集英社)』を読んだ。 一言で言えば、「地面師」たちの組織犯罪手口をリアルに描写した小説。 不動産投資は富の拡大および防衛に欠かせない方法の1つ。 しかし、気を付けなければ、年を取った時にこう...
お金のこと

資本主義を攻略するのにエネルギー問題は避けて通れない。『太陽は動かない(吉田修一著・幻冬舎文庫)』

小説『太陽は動かない(吉田修一著・幻冬舎文庫)』を読んだ。 内容は一言で言えば、産業スパイもの。 資本主義を攻略するには「エネルギー問題」の知識は避けては通れない。 本書を読めばエネルギーに関する知識にゾクゾク楽し...
お金のこと

金融、経済に強くなる小説。『波の上の魔術師』。

『波のうえの魔術師 (石田衣良著・文春文庫)』 楽しみながら、金融・投資力が身につく小説。 コンパクトにまとまっているので読みやすいメリットもある。 簡単に内容を要約すると、うだつの上がらない大学生青年が、あるトレ...
お金のこと

経営における最大の資産とは?『グレイ (堂場瞬一著書・集英社文庫)』読了。

『グレイ (堂場瞬一著書・集英社文庫)』を読んだ。 話の流れを簡単に要約すると、うだつの上がらない20歳の大学生が「成功したい」とアルバイトをし、知らず識らずのうちにブラックなビジネスに染まっていくという話である。 若い...
お金のこと

税・金融・経済に強くなる小説。『タックスヘイブン(橘玲著書・幻冬舎文庫)』。

橘玲氏が書いた小説『タックスへイヴン Tax Haven (幻冬舎文庫)』を読んだ。 どの点が面白いのかを1分でわかるように3点にまとめた。 1、経済・金融の知識がリアル この本はタイトルの通り、税金や金融、経済を...
タイトルとURLをコピーしました